スールピについて

世界の航海図にスルペ(Surpe)の名前が初めて登場したのは、1566年のこと。今日、スールピ半島として知られているこの場所は、オランダ人航海士兼地図製作者コルネリス・アントニスの中世の海運航路について記されたポルトラノ(船乗りの手引書)で初めて紹介されました。ハルク市当局によると、2012年1月6日付けのスールピの住民は、878名です。